News Details

お知らせ詳細

部活動&トレーナー関係レポート

鍼灸学科1年 中島萌南さんインタビュー 

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

ニッケンには「柔道整復師」「鍼灸師」「スポーツトレーナー」「パーソナルトレーナー」を目指しながら

部活動も頑張っている学生が多くいます!

また,学生の中にはニッケンの部活動には所属せず個人で活動して勉強とスポーツの両立を頑張っている学生もいます。

そこで!今回は「学科の授業」プラス「馬術」を頑張っている学生へインタビューを行いました!

 

鍼灸学科1年 中島萌南さん

 

line_oa_chat_201015_084936.jpg

 

馬術を始めたきっかけはなんですか?

母が昔,馬に乗っていたことがきっかけです。また伯父が獣医で馬の治療をしていたこともあり常に私の周りには馬が身近にいて

当たり前な生活を送っていたことが馬術を始めようと思ったきっかけです。

 

今までの戦績を教えてください。

第37~41回まで連続して全日本ジュニア生涯馬術大会 出場

第44回全日本ジュニア障害馬術大会 出場

全日本障害馬術大会partⅠ/partⅡ 出場

Noedwalde(ドイツ開催)第3位 / Altemberge(ドイツ開催)出場

 

line_oa_chat_201015_084957.jpg

 

本校に入学した理由はなんですか?

私はもともとプロの馬術選手になりたかったので,大学は最初から早稲田大学e-school(通信制)に進学しました。

その後,母が鍼灸師をしているということもあり私も鍼灸師になることを決めました。

入学を決めた1番の理由としては,スポーツに力を入れている学校で馬術を続けながら通わないといけない私にとっては

凄く環境が整っていると感じたからです。

また,このように応援してくださって大学の方も気にかけてくださるのでとてもありがたいです。

 

学校生活はどうですか?

先生方がいつも学生の方に向いてサポートしてくださるので真剣にかつ楽しく勉強できています。

入学当初はほとんどがオンライン授業で大変な部分もありましたが,徐々に登校する日数も増えてきて学校にも慣れてきました。

大学・専門学校・馬術と3つの両立は大変ですがしっかり頑張りたいと思います。

 

最後に今後の目標を教えてください。

まずはきちんと鍼灸師の資格を取得したいと考えております。

また,仕事をしながら馬術のほうでは「大障害」という1番レベルの高いクラスで勝ち馬になれるくらいの選手になりたいです。

馬術選手は身体の故障が多いので,選手をやりつつそれを治せる人になるのが目標です!