News Details

お知らせ詳細

柔整ブログ

【柔整】財団審査直前インタビュー

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

11月2日(月)柔道整復師国家試験まで残り126日となりました。

柔道整復学科の学生達は国家試験の前に、

「財団審査」と呼ばれている実技試験に挑みます。

  

そこで柔道整復学科長の佐々木先生に財団審査に向けて、

インタビューをさせていただきました。

  

インタビュー動画はこちら

https://youtu.be/_NPQcD43nsk

佐々木先生.JPG

(以下、インタビュー概要です) 

  

Q.財団審査とはどういった試験なんですか?

A.柔道整復研修試験財団が行うもので、

 柔道整復師として基礎的な能力(整復、固定など)が備わっているか、という点と、

 柔道の技、歴史などが理解されているかということが確かめられます。

    

Q.そうすると、外部の先生に審査をしてもらうということですか?

A.そうです。

   

Q.試験内容は当日発表なんですか?

A.そうです。

   

Q.今年の学生の状況はいかがですか?

A.今年の試験はコロナの影響で、

 実技の試験ですが、直接接触はせず、整復・固定を口頭で説明するような試験内容になっています。

 学生達はいつも以上に練習して暗記の努力をしています。

   

Q.学生達にエールを!

A.いつもやっている力を発揮してもらえば、全員合格を確信しています。

 いつも通りにやってきなさいと言っています!

   

柔整3年生のみんな、がんばってください!!

佐々木先生ありがとうございました。