News Details

お知らせ詳細

鍼灸ブログ

【授業レポート】肩の鍼治療

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

鍼灸学科3年生の鍼実技の授業をレポートします。

今日のテーマは「肩関節周囲炎」、一般的には「五十肩」なんて呼ばれ方をしています。

腕が痛くてあがらないために、「肩」の問題と思われがちですが、

肩甲骨の周囲の筋のトラブルが起きていることもある、、、

そのために肩甲骨の周りに鍼治療をしていく、というとても実践的な実技授業でした。

3年生になると患者様にどのように説明すべきかという点まで、

先生がお話くださるので、学生達も熱心に聞いています。

      

まずは、先生が模型を使いながら丁寧に説明をしてくださいます。

先生写真加工2.jpg

肺の位置に注意しながら、確実に安全な方法で患者様を治療するには、

どこから、どの方向に鍼をいれたらいいのか・・・・

   

先生のお話の後に学生たちが二人一組で実際に互いの身体に鍼をうっていきます。  

メイン採用加工3.jpg

ペンで印をつけて、先生に確かめていただいてから鍼をうっていきます。

学生たちの熱心な様子をぜひ動画でご覧ください。

https://youtu.be/R4JKoJkyZ8c

  

採用うごく加工2.jpg

治療後、動きが良くなったので、ぶんぶん。効果を実感。