News Details

お知らせ詳細

入試&特待生情報

スポーツ特待生インタビュー

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

特待生インタビュー

池﨑 祐貴 さん

柔道整復学科1年

サッカー部

鹿児島城西高校出身(鹿児島県)

 

IMG_5567.jpg

 

 

①柔道整復師の資格をとろうと思ったきっかけはなんですか?

 

柔道整復師の資格を取得しようと思ったのは高校生の頃です。

僕はサッカー部に所属していたので、そこでチームのフィジカルトレーナーや

体のケアをしてくださる整骨院の方々と出会いました。

高校2年の冬に怪我をしてしまった時に、柔道整復師の方に治療をして

もらい、この仕事に魅力を感じた事が柔道整復師を知り、

目標にし始めたきっかけです

 

 

②スポーツ特待生試験を受験しようと思った理由を教えてください。

 

高校までサッカーを続けてきた中で、専門学校でも部活があり柔道整復師

の資格を目指しながら自分の好きなスポーツも続ける事が出来る学校を

探していくうちに日本健康医療専門学校を見つけました。

鹿児島から東京に上京して生活していく上で、

少しでも親に経済的な面で負担を減らしたいと思ったため

スポーツ特待生試験を受験しました。

 

 

③スポーツ特待生として心掛けていることを教えてください

 
コロナウイルスの影響でまだ練習など始まってはいないですが、

勉強をする中でもしっかり体を動かして体力が落ちないように

今は自主練などをしています。

まずは柔道整復師の資格を取る事が1番なので、授業内容をしっかりと

聞いて、復習など勉強面も頑張ろうと思っています。

部活が再開したら活躍できるように頑張ります! 

 

④国家資格を取得後、どんな治療家になりたいか、どんな仕事をやってみたいか教えてください
 

僕は海外で働く事が夢です。

そのために、柔道整復師の資格だけでなく、今後はアスレティックトレーナーや

英語力などを勉強し世界のスポーツ選手を相手にする仕事をしたいと思っています。

 

 

特待生とは?

学業成績やスポーツ分野での活躍、学習意欲に優れた学生を対象として、

入学試験とは別に実施する試験によって選抜される奨学生です。

 

オープンキャンパスや学校説明会などのイベントで、来校者の方をおもてなしする

サポートも担ってくれています。

 

特待生

【特待生奨学金減免】

・特待生A 初年度授業料半額相当免除  3年間最大186万円減免
・特待生B  入学金半額相当免除、   3年間最大154万円減免
・特待生C  3年間最大124万円減免


※2年次以降は、継続基準を満たす場合に授業料の半額を免除します。
※減免は全て後期学納金から相殺します。

 

スポーツ特待生

【特待生奨学金減免】

・スポーツ特待生A 入学金半額(30万円)相当免除、後期授業料10万円免除(3年間最大60万円減免)
・スポーツ特待生B 入学金一部(20万円)相当免除、後期授業料10万円免除(3年間最大50万円減免)
・スポーツ特待生C 入学金一部(10万円)相当免除、後期授業料10万円免除(3年間最大40万円減免)
・スポーツ特待生D 後期授業料10万円免除、(3年間最大30万円減免)

 


※2年次以降は、継続基準を満たす場合に後期授業料から10万円を免除します。
※減免は全て後期学納金から相殺します。
※スポーツ特待生は、本校公認部活動に所属する必要があります。