News Details

お知らせ詳細

入試&特待生情報

特待生インタビュー

  • Facebook共有リンク
  • Twitter共有リンク
  • LINE共有リンク
  • Google+共有リンク

特待生インタビュー

野呂 龍太朗 さん

鍼灸学科2年

いなべ総合学園高校出身(三重県)

 

DSC_0803.jpg

 

 

①鍼灸師をとろうと思ったきっかけはなんですか?

 
高3の時にスポーツトレーナーになりたいと思いました。

そこで色々と調べていくうちに、スポーツトレーナーは国家資格が必要だとわかり柔整か鍼灸のどちらかの資格を取ろうと決めました。

鍼灸師を選んだ決め手は、鍼灸治療は精神的な面の治療や東洋医学的な治療ができることを知ったからです。

これらの治療は、スポーツ現場でも役立つと思い鍼灸師の資格を取得したいと思いました。

 

 

特待生試験を受験しようと思った理由を教えてください。

 

私は三重県出身なので、ニッケンの合格が決まると同時に上京することも決まりました。

そこで両親に金銭面的に少しでも負担を減らしたいと思い特待生試験を受験しました。

 

 

特待生として心掛けていることを教えてください

 
まず学科の成績は8割以上を目標に勉強をしています。

授業中も当たり前のことですが居眠りせず集中して先生の話を聞いています。

また授業でわからないことがあれば先生にすぐに聞きに行きその場で解決するようにしています。

特待生として自分から学びに行くという意思を持つことを心掛けています。

 

 

国家資格を取得後、どんな治療家になりたいか、どんな仕事をやってみたいか教えてください
 

治療院で働きながら高校生のトレーナーをしたいと思っています。

自分が高校生の頃は、多少の怪我をしてもそのままスポーツをやっていて、今思い返すとあの時ちゃんと治しておけば良かったと思うことがあります。

そのこともあって、高校生にいかに自分の身体が大切なのかということを知ってもらうためにも自分自身がトレーナーとして無理をしがちな高校生を支えたいと思います。
 

 

特待生試験に挑戦しようと考えている受験生にアドバイスをお願いします

 

自分が特待生試験を受験した時は緊張しすぎず笑顔を忘れないようにしました。

あと、ハキハキ喋ることも大切にしました。

自分が絶対に特待生になりたいという意思を見せれるように試験頑張ってください。

応援しています。

 

 

特待生とは?

学業成績やスポーツ分野での活躍、学習意欲に優れた学生を対象として、

入学試験とは別に実施する試験によって選抜される奨学生です。

 

オープンキャンパスや学校説明会などのイベントで、来校者の方をおもてなしする

サポートも担ってくれています。

 

特待生

【特待生奨学金減免】

・特待生A 初年度授業料半額相当免除  3年間最大186万円減免
・特待生B  入学金半額相当免除、   3年間最大154万円減免
・特待生C  3年間最大124万円減免


※2年次以降は、継続基準を満たす場合に授業料の半額を免除します。
※減免は全て後期学納金から相殺します。

 

スポーツ特待生

【特待生奨学金減免】

・スポーツ特待生A 入学金半額(30万円)相当免除、後期授業料10万円免除(3年間最大60万円減免)
・スポーツ特待生B 入学金一部(20万円)相当免除、後期授業料10万円免除(3年間最大50万円減免)
・スポーツ特待生C 入学金一部(10万円)相当免除、後期授業料10万円免除(3年間最大40万円減免)
・スポーツ特待生D 後期授業料10万円免除、(3年間最大30万円減免)

 


※2年次以降は、継続基準を満たす場合に後期授業料から10万円を免除します。
※減免は全て後期学納金から相殺します。
※スポーツ特待生は、本校公認部活動に所属する必要があります。