INTERVIEW05

星野 楓(女子プロゴルファー専属トレーナー)スポーツトレーナ一養成コース/2013年卒業
鍼灸学科:2014年卒業
柔道整復学科/2017年卒業

#スポーツトレーナー

厳しく鍛えられた日々が、
今の財産に

もともとスポーツトレーナー志望だった私が日本健康医療専門学校(ニッケン)を選ぶ理由となったのは「人」です。オープンキャンパスで来た時、教員の皆様の熱量が印象的だったことを今でも覚えています。「この先生たちなら大丈夫」と思えたことが最大の決め手になりました。在学時代は学科の授業やトレーナー活動などで忙しい日々を送っていました。コース長の先生にトレーナーとしての基礎を根本から厳しく叩き込まれました。しかし、目の前にいる選手、そして未来の自分のためにトライ&エラーを繰り返した経験が、私にとって大きな財産になったとしみじみ感じます。

卒業後はアスリート専門機関に就職。ニッケンでの学びを生かしながら、一流アスリートの思考や意識の高さを肌で感じることができました。現在は女子プロゴルファーの専属トレーナーとしてツアーに帯同しています。前職とは全く異なる働き方になりましたが、楽しさや難しさを感じながら充実した毎日を送ることができています。

一覧に戻る